声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やっぱりなりたーい!!!

11/19 文京シビックホール 立原ちえ子ソプラノリサイタル 
行ってきました。早く何か書こうと思っていたのですが、いろんな思いが持ち上がってきて、上手くまとまらないのです。
プログラムに「ひとこと感想を」という用紙がはさんであったのですが、一言じゃとまらなくなって、手で書くのじゃおいつかなくて、ワードで長々と打ち込んでしまいました。そして、誰もいないのをいい事に会社から、立原ちえ子の会事務局にファックスしてしまいました。
もう、完全燃焼だぁ~・・・あとで、よく読んでみたら脱字がありましたけど。しまった。。。
プログラム
♪リスト
1.それはきっと素晴らしいこと
2.喜びと悲しみに満ち
3.君は花のように
♪ヴァーグナー
ヴェーゼンドンクの詩による五つの歌曲
4.天使
5.静かに止まれ
6.温室にて
7.苦しみ
8.夢
♪ゲッツ
歌劇「じゃじゃ馬ならし」より (やっぱりシェイクスピアでした
9.カタリーナのアリア<力は失せ>
♪コルンゴルト
歌劇「死の都」より
10.マリエッタの歌<残された幸せよ>
~休憩~
♪弘田龍太郎
11.かもめ
12.母の唄
13.清怨
♪山田耕筰 「幽韻」
14.はなのいろは
15.わすらるる
16.あらざらむ
17.たまのをよ
18.わがそでは
♪今井聡 下北伝承の旋律による三つの歌
19.どんどはいやどんど
20.おじょめこじょめ
21.子守こ歌
◆アンコール
1.青森の曲で、よく立原先生が歌う曲。。。え~っとなんだっけ??ごめんなさーい。。。
2.浜千鳥
山田耕筰の「幽韻」は、百人一首に入っている女流歌人の詩に曲をつけたものです。中学生の時、百人一首クラブに入っていて、結構熱心に練習していたtsunobueは、あの頃の記憶がよみがえり、ちょっと興奮しました。「はなのいろは うつりにけりないたづらに わがみよにふるながめせしまに」はいっ!パシッ!!(最後は瞬発力で負けるtsunobueであった・・・)この曲は、はなのいろは 以外は8分の8拍子で書かれているそうです。8分の8拍子??聞くほうも難しかったです。先生は、平気な顔で歌ってました。
私の感想を思い切り簡単にまとめると、私は立原先生のような豊かな声をもっていないのは分かったけど、でも
やっぱり、立原先生みたいになりたーい!!!

今回のリサイタルは、以前、バーバラ・ボニーが今までやらなかったプログラムを歌ったリサイタルを思い出しました。清らかな歌声が定番だったボニーが、低めの音域の曲を歌ったことがありました。その時、聴く側の私が勝手にボニーに求めていたのは、いつもの清らかな声だったけれど、ボニーはもっと高いところを目指していたのだと、次のリサイタルで気づきました。あの時は、いつもの曲も聴きたいと思ったけれど、あの時のボニーは自分の未来の為にきちんと計画をたてて、歌っていたんだなぁ~。そして、次のリサイタルでその結果を聴かせてくれて、定番も聴かせてくれました。
[PR]
by tsunobue | 2004-11-23 00:50 | リサイタル