声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勿忘草(わすれなぐさ)

O Primavera 春よ
詩:Parole di O.Bonetti

自由で陽気な春よ
大地にほほ笑む春よ
木々を芽ぶかせ 歌声を響かせ
愛と喜びで私の心を満たして下さい

春よ 若い芽は歌う
天と地とあこがれの結婚を
与えて下さい お前の輝きとすみれを
心に新たな気持ちを下さい。

雪に埋もれて渇いた心は
長い夜に悩み苦しんだ
春よ お前の口づけは氷を溶かす
春よ 私に愛を与えて下さい。

自由で陽気な春よ
大地にほほ笑む春よ
木々を芽ぶかせ 歌声を響かせ
愛と喜びで私の心を満たして下さい

春よ 若い芽は歌う
天と地のあこがれの結婚を
与えて下さい お前の輝きとすみれを
春よ 私に愛を与えて下さい

↑アンコール2曲目の歌詞の対訳です。




そして、卒業生にと歌ったアンコール3曲目
Non ti scordar di me 勿忘草
詩:Parole di D.Furno

燕たちは去っていった、
寒く太陽の無い僕の国から、
菫の咲く春と、
愛と幸せの巣を捜して。

僕のかわいい燕も去って行ってしまう。
くちづけもせず、
別れのあいさつもせずにいってしまう。

僕のことを忘れないで、
僕の人生は君あればこそのもの。
僕は前よりももっと君を愛しているよ、
僕の夢には今も君が残っている。

僕のことを忘れないで、
僕の人生は君あればこそのもの。
僕の心には今も君の為の巣があるから、
僕のことを忘れないで。

(「イタリア近代歌曲集1」全音楽譜出版社より)

ふーむむむ。。こんな曲を贈られちゃってたのか・・・いいなぁ~。
先生のことを忘れるなんて、ないですよね。
★絶対にないです!!★
[PR]
by tsunobue | 2005-02-16 01:28 | リサイタル