声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー

裸足の伯爵夫人

行って来ました!

仕事が終ってからのお出かけに、今日は車で行くかどうかとても迷った!

たまには歩こうよ!・・・・自分に言い聞かせてお散歩に出るまでは電車のつもりだった。
でもお散歩で電車を見たら、ギューギュー詰めでドアのガラスは白く曇っている。

あぁぁぁーーーーー。。。

やだなぁ~・・・・・やっぱり車にしよう!

帰りがとても早かった。ワンたちのことも心配だったのでやはり正解でした!

さてさて長嶺ヤス子さんの「裸足の伯爵夫人」行って来ました。

話は11月3日の授賞式に戻りますが、今回一緒に受賞した方が、池田瑞臣さんと仰る方で、長峰さんの振り付けや演出をなさってます。
文学座にも教えに行ってらっしゃるそうです。

この方と一緒になり「12月に公演が有りますからよろしかったらどうぞ!」とお誘い下さいました。

そして今日出かけてきました。
時間が有ったので、軽く食事をしようとゆうぽおとのレストランに行きましたら池田先生にお会いし、お礼を申し上げ、一緒のテーブルにおじゃまいたしました。

今回は、スペインからの演奏者がサインのミスで入国出来なくなり、代わりの演奏家が今日の午前中に成田に着いたそうです。

「音合わせからリハーサルをしましたが、時差ぼけなのかはっきりしないし、衣装も忘れてくるし、もうどうなるかわからない!疲れちゃって逃げてきたところ!」

と今回はハプニングが多かったようです。

この話を聴いてしまったので始めてみる長嶺さんのステージにとても興味が沸きました。

パーカッションの音からPSを使った音楽が流れてきた時、
「あ~これは、ディズニーシーのリズムの時と同じ雰囲気」と思いました。最近PSを使った音楽を聴いていないので、最後まで聞けるかな~?と思ってしまいました。

しかし・・・・・

休憩無しの2時間20分

長いような、短い(いや、決して短くは無い)ような?
確実に腰は痛かったです。

ものがたりになっているのでさほどは飽きなかったですが、私はギターと歌手に興味しんしん

楽器を持たない人が2人いたので、一人は手を叩く人と思っていました。それが上手なのです。
F・Pがあり角度で柔らかい音から丸い音、Fの音と実に様々な音が出てました。

その人も歌手でした。ちょっと野太い感じの声でしたが、後ろが開いていて聴いていて気持ちよかった。

もう一人の歌手はテノールで、高い音を歌ってましたが篭もってましたね!

なんでこんなところに興味が行ってしまうのか情けない!
しかし、全員楽譜が無い。

これが凄いね!私なんかはアドリブが出来ないから全部楽譜に起こさないと心配でしょうがない。

でも、目と目、手、体と拍子、後は決まり決め?こんな感じでコンタクトを取って音楽と踊りを合わせています。

本当にチョッとした合図で、締めが決まるのです。
かっこいい!クラッシックの場合はこんな事ありえないでしょう!
こんなことしたら作曲家に失礼だよね!

さて、肝心のフラメンコ

さすが年齢を考えるともの凄い。
背中の筋肉がもの凄く、もしかしたらお腹が割れているかも・・。

お客様は彼女のパワーを貰いに来るらしい。

確かに昔のお嬢様方が多いです。始めて見て長い2時間半近かったですが最後は皆と一緒にアンコールの手拍子をしていました。男性2人も素晴らしいステップ、身のこなしでしたね~!
惚れ惚れします。あんなに踊れたら楽しいでしょうね。

音符に書き取れない細かいリズム(16分音符以上細かい)をかかとでする所なんか、4分音符にいったい何個入っているのか? 何て真剣に考えていました。
楽しい一夜でした。

池田さんに感謝です。

有難うございました。

音楽ブログランキング  にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]
by tsunobue | 2006-12-12 23:59 | お気に入り♪