声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

試験でした《写真、アップしました!》

オペレッタ組、夕鶴組、の試験が終りました。

オペレッタはとても楽しい出し物でした。
不覚にも、題名忘れました。(始めて聞いた曲なので。。。)

変なお笑いではなく、自然で、明るい笑いでしたので観ていていやみが無く、良かったです。

秋にこのオペレッタを上演するそうです。

内容は
有るお屋敷(この人の名前が題名です)でコンサートを開く予定が、歌手の都合がつかなくて、娘、恋人、主が変装してコンサートを開き、そのドサクサに紛れて、結婚を父親(主)にお願いすると言うストーリーです(本日の上演部分)

お客様役に演奏家コースの私たちのクラスの学生達が出ていて、皆昨日のりハーサルのみの演技とは思えませんでした。

ステージの上でピアニストを演じた先生、やはり自前衣装で、メイクにも力が入ってました。
デビューおめでとうございます。
b0052523_5111266.jpgデビューした塚越先生。
お隣、声楽の加納先生。

b0052523_5124483.jpg左:指揮-阿部先生。隣、演出-伊藤先生。

さてさて、夕鶴組・・・・・

とてもよかったです。
完璧では無かったにせよ、それぞれのつうになっていました。

前半が面白かったので、後半こんなにセリアで大丈夫か?と思いましたが、聞いて下さった方々が真剣に見てくださり、緊張した空間が出来て、一体化したようでした。

私は涙が出てきました。
音楽、ストーリーがいいだけでは感動しません。
歌い手の言葉や、表情、動き全てが一致した時に感動できる物だと思います。


また、この学生達は、浴衣も初めて!といった感じで、着方、歩き方、座り方、全てが初めてだったでしょう!

何をしてもダメばかり言われて辛かったと思います。
でも、やれば出来る。自分を信じてやれば出来る。

本当に出来るのかな?と心配しましたが、全員良くやってくれました。

演技指導に菊若先生がいらしてくださって沢山の指導をしてくださいました。終ってから本当に良くやったと褒めてくださいました。

いい経験をしましたね!
若いということは素晴らしいです。
次のステップに進みましょう!

その後、先日試験が終ったクラスの学生達と、お別れ会をしました。来年度も同じクラスでやりたいと言ってくれた学生達が可愛いです。

でも、可愛い子には旅をさせろ、では無いですが毎年クラス替えをします。
どの先生にも可愛がってもらえるように頑張ってください。
         へば

(「一番肝心なときにカメラ持ってゆくのを忘れたしまって!携帯から送ります。」と言う事ですので、写真が届いたら、アップします。tsunobue)
[PR]
by tsunobue | 2007-02-07 23:52 | お仕事・学校