声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カサロヴァ

この所、昼と夜がすっかり入れ変わっています。

毎日4時から出かけ、オペラのGP、本番が続き帰ると10時、御飯食べて帰ると11時と毎晩遅い。

それからお散歩、お風呂と用事を終えてベットに入っても直ぐに眠れず朝方近くに寝る始末。

当然朝は起きれない!
午前中ダラダラと寝てしまっていた。

そんな中、昨日はお休みでしたのでサントリーホールで、「カサロヴァ」を聞いてきました。
団体席のわりには意外と良い席で、十分堪能しました。

全部ロッシーニのオペラアリアで、超技巧アリアと言っても過言ではありません。

どの曲も最後のアクート(←高音)が決まり、最後良ければ全て良しといった感じで全てバッチリ入ってました。

聞いていて気持ちが良い。

このサントリーで歌ってみたいものだ!なんて思ったら、フィオレンツァ・コッソットのカルメンでフラスキータを歌いました。
遥か昔でどんな様子だったか覚えていませんが、日本人達が「楽譜を見ていいのか?」と聞いたのに対して、フィオさんが

「私たちの言葉(伊)ではないから見ましょう!」
と言ったのに。

本番のリハーサルで彼女が楽譜なしで歌った物だから、 「皆さん楽譜外してください」開演2時間くらい前に言われました。

「せめて前日に言ってくれれば心の準備も出来たが、今からでは遅い!」
という反論理由で本番は見ましたが、

後日の批評で
「楽譜を観ていた日本人達はだらしない!」と言うような事を書かれてしまいました。

後で「これは陰謀だ!」と怒ったものです。

さてさてカサロヴァさんの後、カラヤン広場のアンデルセンでパンを食べました。

デブ組はやはりボリュームのある、「ハンバーグ」や「クラブサンド」を頂きましたが、S音大のTちゃん
b0052523_1945299.jpg


こんな小さなパン・・・・・可哀想だったので、私のクラブサンド半分上げました。
b0052523_19463927.jpg


そのあとにチーズのパンをにこやかに、そして美味しそうに食べていました。
b0052523_194741.jpg

[PR]
by tsunobue | 2007-02-08 23:43 | 演奏会