声楽家♪立原ちえ子さんのBlog です。立原先生の魅力をお伝えするべく卒業生tsunobueが勝手にはじめたBlogでした。さてさて、最近は、Blogをやる気になった先生から届くメールを元に投稿しています。


by tsunobue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いよいよ?!アリアの対訳です。

寒い寒いと言いたくは無いですが、本当に寒いですね!

今日レッグウォーマーなるものを買ってみました。

暖かーーーーい

ビックリです。

ママンには3本程買ってあったのですが、自分のが無いので今日思い切って先ずは一つだけと思い購入しました。

今日はパンツでしたのでその下に付けたのですが、とっても暖かい。
こんなに暖かいなんて!

もっと早く使えばよかった!

足の甲が寒いので今は引っ張って足の指までかぶせています。

明日はどうしよう。。。。

パンツでこれ付けて行こうかな?!

b0052523_223386.jpg

ジュリアンのお花は思い出があるんです。

イタリアに留学していた時、大家さんの別荘に連れて行った貰った時、野性のジュリアンが咲いていました。

どの花も可愛らしく、寝転がってみたものです。

そういえばシスターが写真を夢中になって取っていました。
なんという場所か覚えていないのが残念です。

今でもそこにはジュリアンが咲いているのでしょうか?
また行ってみたいです!

20日に歌うオペラアリアの歌詞の対訳です。

「私のいとしいお父様」(歌劇「ジャンニスキッキ」より)

 ああ、いとしいお父様

 本当に大好きなお父様
 
 私は指輪を買うために、ポルタ・ロッサへ行くつもりです。

 もし、彼を愛しても無駄ならば、河に身を投げに、ベッキオ橋の上に参ります。

 私は身をけずり、悩んでいます。

 ああ、神様、いっそ死んでしまいたい。

 お父様、どうぞ、どうぞお許し下さい。


 「神よ平和を」(歌劇「運命の力」より)

 安らぎを、安らぎをお与え下さい、神様

 この過酷な運命が私を苦しめ、ああ、身も心もやつれさせ、

 ここに私がやってきたあの日のように、果てしない私の苦しみは、何年も続いているのです。

 あの方を愛しました、心から!

 しかしあの方をこれほどまでに気高く、勇気ある方になさったのは、神よ、あなたなのです。

 今でも愛しています、あの方の姿を心から取り去る事など出来はしません。
 これが運命なのです・・・! 私たちの運命!

 たった一つの過ちが私達を引き離したのです。

 アルヴァーロ、愛しています。

 でも、神様は決めておられるのです。
 あなたには、もう二度と 会えはしないと!

 ああ、神様、お願い、私を連れていって。

 今となっては死だけが私に安らぎを与えてくれるのです。

 苦しみの犠牲となった私の魂は、かなえられるはずもないのにこの世に安らぎを求めるのです。

 このパンも・・・・わたしの見捨てられた人生を、ただ、長引かせるだけなのね・・・・

 一体、誰かしら?

 誰が、この聖なる場所を汚せるというの?

 呪われた運命!・・・・・この呪われた運命!・・・・・


へば
[PR]
by tsunobue | 2008-01-14 20:20 | 日常